ソフトウェアロボットRPAが事務作業改革を行う。

手つかずだったホワイトカラー業務の効率化をソフトウェアロボットRPAが自動化する。

RPAツールは、これまでの既存技術のツールを組み合わせたものである。それに機械学習や自然言語処理など最新の AI 技術が取り入れ始めている。
これにより、想定外あるいは例外的な処理にも対応し、柔軟な処理ができるようになるだろうとの事です。

RPAツールの適用領域は幅広く、生産計画や調達計画の立案、商品発注、交通費精算などの経理処理、時間外勤務の申請承認といった労務管理などの業務への適用が期待されています。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52257?page=2

このソフトウェアロボットが中小・零細企業に導入されるまでには最低5年以上は掛かると思います。しかし、「働き方改革」がある程度浸透し、ソフトウェアロボットも普及してくる事を想像すると日本でも一部の業種で問題が発生したり開発途上国では完全に人余り状態になり、いつまでも貧困が続く可能性も高くなるように思います。