Office365 社内の勉強会や趣味の会はグループのサイトを活用しよう。

はじめに

Office365 のグループの使い方が Teams が追加されてから使用頻度が減るのではないかと思います。

日本中がコミュニケーションツールとして LINE を使っている人が多いと思います。又、企業でも使っているところもあるくらいです。

この中で LINE に似たコミュニケーションツールが Office365 の Teams です。これが流石に LINE 以上の使い勝手があり仕事に活用しない手は無いと思います。

BB もこのサイトに下記のページを作成してます。是非、こちらも参考にしてみて下さい。

企業のコミュニケーションツールすべてが Teams に置き換わるとは思いません。Teams はあくまでもチームのコミュニケーションや仕事の連絡などを便利にするものです。

会社には、部、営業所、課をまたぐ企画イベント、それに勉強会や趣味の会などがあります。グループはこのような会などの活性化ツールとして使って頂ければと思います。

サイトの作成

Office365で 「管理者」から「グループ」を作成すると Outlook のグループにメールが届きます。

メールで表示されている「スレッド」「ファイル」「予定表」「ノートブック」など、ここからは使いません。「チームサイトに追加」をクリックしてチームのサイト作りを行います。

こんな、チームサイトの画面が表示されいます。しかし、これでは使い勝手が悪いので、右上チョット下の「編集」ボタンを押して削除します。

「編集」をクリックした画面です。「ゴミ箱」マークをクリックして削除します。

下記は、削除された画面です。更に、次の画面も削除します。

こんな状態になります。
ここで、サイトにふさわしい画像などありましたら 400×400 位のサイズを準備して下さい。
又、画面上の〇+部分をクリックして下さい。

挿入する画像が大きすぎると使い勝手が悪いので画面を2分割にします。

「画像」を選択すると、いつもの画像選択画面がでます。保存されている場所の画像ファイルを選択して下さい。

画像が取り込まれます。今後は、右側にグループで使用するメニューを作成します。

〇+マークをクリックして、「テキスト」をクリックします。

「見出し」で文字の大きさを選び、メニューの項目を入力します。

グループの「予定表」「ドキュメント」「OneNote」など実際に開いて、それぞれの URL を調べます。

メニュー項目のを選択してから「ハイパーリンク」を設定します。リンクの挿入画面が開きますので、コピペで貼り付けて保存します。

下図のようにメニュー項目名にリンクが張られます。全項目のリンクが終了したら「発行」で終了します。後、左側のメニューも「編集」ボタンから各項目を削除する事が出来ますので、BB は削除して使用するようにしています。

上記の画面は、以前の分を使用しました。後日、画面を変更したいと思います。