Skype for Business 外部の人や無料版の Skype に接続する。

Skype for Business で外部の人との接続を可能にする

外部共有ができると、別会社の Office365 のユーザーや、Office365 を導入されていない関連会社や、下請け会社、それに、中小企業家同友会の仲間達との会議など、中小・零細企業には活用の範囲がグンと広くなります。
 
管理者権限で Office365 の管理センターに入ります。
その後、Skype for Business ロゴ をクリックします。
サイドメニューから「組織」を選択し、「外部通信」を選択します。
外部アクセスについて
1) 完全にオフにする
  外部接続は全員行わない。行わせない。という時に設定して下さい。
2) 禁止したドメインを除いてオンにする
  ここをオンにすると下の、「禁止したドメインまたは許可したドメイン」の「禁止したドメイン」になります。
3) 許可したドメインに対してのみオンにする
  ここをオンにすると下の、「禁止したドメインまたは許可したドメイン」の「許可したドメイン」になります。
 
下図は、BB のサイトで、「許可したドメイン」が 3 社設定されている状態になります。
注意!
・お互いで外部接続を行おうとする場合、お互いが「許可されているドメイン」リストの中に設定するか、禁止したドメインにお互いを設定しないように確認する必要があります。

無料版の Skype とは

無料版の Skype とは、Microsoft Skype からダウンロードした Skype です。

BB は既に Skype for Business と 無料版 Skype を 使い分けて重宝して使っています。

無料版 Skype と言っても BB は有料として使っています。これがとても便利なもので
 1. 月額 1,000 円以下の料金が、 3 か月単位に一度の引き落としで行われます。
現在は、日本の携帯電話と固定電話への無制限通話 3か月 6,840円を使っています。
パソコンのサポートには携帯も必要なのでこちらにしました。超重宝しています。

 2. Skypeは、世界中と繋がります。
 3. 相手の電話番号に掛けられます。ここが最高のメリットです。
 4. ヘッドセットを使うので疲れないで両手が使えます。
 5. 有料のサポートに電話するときでも通話代の事は考えず、繋がるまで他の事をしながらゆっくり待つ事が出来る。
などです。いいでしょう。ホント最高に良いと思います。

Skype for Business と無料版 Skype のユーザーと接続

それでは、設定方法を確認してみましょう。
個人の設定を確認します。
管理者権限で、「ユーザー」「アクティブユーザー」で外部通信を行う人にチェックをつけてるとその人の Office365 設定情報が表示されます。

下の方にカーソルを移動すると「Skype for Business のプロパティ編集」があります。

ここで、「外部通信」をクリックし、Skype for Business や 外部の Skype が設定されているか確認しチェックが付いてなかったら付けて保存して下さい。

今度は、同じく管理者権限でサインインし「管理センター」から 「Skype for Business ロゴ」をクリックします。

「組織」の「外部通信」と進みます。

1.「禁止したドメインを除いてオンにする」を選択します。
2.「他のユーザーに Skype for Business の使用を許可して、組織外の Skype ユーザーと通信します。」に設定します。
3.「禁止したドメインまたは許可したドメイン」項目では「禁止したドメイン」があれば + で追加を行い。今まで「許可したドメイン」を設定していた場合はメモしてから削除して下さい。

処理が完了するまで最大 24 時間は掛かるようです。
ビデオ会話、ユーザー間のインスタントメッセージング、プレゼンスは使用可能です。
しかし、マルチパーティの IM での会話、3 人以上での音声会話やビデオ会話、デスクトップとプログラムの共有 は使用不可となります。
それでは 1 時間位しかたっていませんが、早速テストしてみましょう!
Skype for Business を起動して、「連絡先の追加、グループの作成。。。」から「外部連絡先を追加」から「Skype」を選択します。

おお!画面が変わりましたね。「SKYPE ディレクトリ」が追加されています。
検索欄で、 TecnoDB を検索すると テクノデービー 有限会社 として表示されます。
おお!正常に動いている。

表示された テクノデービー有限会社 を「連絡先へ追加」をクリックすると下記のように tecnodb@skypeids.net と表示されます。
ids って何だろう。という感じです。

早速、「ビデオ通話」を開始してみよう!
残念です。下記のメッセージで接続出来ません。サブパソコン側の無料版 Skype は何の反応も見せませんでした

BB 自身この機能が必要という事ではないので今回の実験はここまでとして、忘れないうちに管理メニューの設定も以前の状態に戻したいと思います。