中小・零細企業で人手不足を補うロボット

現在、日本が直面している課題として

  • 生産年齢人口の減少
    高齢者の数だけが増えていて、生産年齢の若年層がだんだんと少なくなっています。
  • 労働生産性の国際比較
    先進7か国の中でもほぼ最下位の位置です。
  • 労働時間の国際比較
    22%の日本の労働者が週に50時間以上働いている。との事です。

このような職場環境では、ロボットに頼るしかありません。
最近のロボットは、AI搭載型で、コミュニケーションもできるものなどたくさん発売されています。

職場で仕事するロボットは、人間の変わりに作業をしてくれる機械式のタイプが多いと思いますが黙々と働いてくれるのできっと頼もしく感じると思います。

ロボホンやソータは、別途プログラミングを追加する事により、イベント先で営業マンとして開催期間中プレゼンの補助を行ってもらう。など人員を減らして集客率の向上を図るなどの目的に活用する事も出来ます。詳しくはこちらをご利用下さい。

シャープ RoBoHon(ロボホン)

サテライト オフィス社では、Microsoft の PowerPoint と組合わせてプレゼンテーションなどを行う。ようにセット販売など行ってあります。

人手不足の切り札として、店頭営業マンとして用途があります。

 

 

ヴイストン Sota (ソータ)

Sota と Microsoft PowerPoint を組み合わせることにより、ロボットからの発話と、顔や体の動作による愛嬌のある仕草で、効果的なプレゼンテーションを実現します。

ロボットというプレゼンターを活用することにより、単なる原稿の読み上げにとどまらない、印象に残るプレゼンテーションを提供できます。

ロボットは Wi-Fi にてパソコンと接続され、パソコン上の専用ソフトウェア「プレゼン職人」を実行することにより動作します。

ロボットの動作、発話内容などは、PowerPoint プレゼンテーションファイル内の「ノート」部分に記述します。セリフや動作用の文字列を記載するだけで、複雑な設定やプログラミングは必要ありません。

AUTEC すしロボット ASM410S

サイズ:310 X 497 X H635 ㎜
作成個数:2500 個 / 毎時
量目調整 : 18 ~ 20g(ローラー選択式 SS/S/M/L)
ホッパー容量:約 2.5 升
電源:100 V
消費電力:85 W
重量:23 kg

 

手早く、見栄え良く、にぎることが美味しさの秘訣でもある江戸前寿司のにぎりの極意を、AUTECのすしメーカーは機能的でコンパクトなフォルムに結実させました。

「Amazon」で購入される場合は、下記をクリックして下さい。

AUTEC すしロボット ASM405S


サイズ:280 X 321 X H454㎜  1800個/毎時
量目調整/ 18 ~ 20 g(ローラー選択式 SS/S/M/L)
ホッパー容量:約 1 升
電源:100V
消費電力:45W
重量:23kg

 

 

「Amazon」で購入される場合は、下記をクリックして下さい。