自分でロボットを組立てられる教育用のロボット

RAPIRO メーカー: kiluck

自分だけのロボットを作ってみませんか?

おもちゃではありません。

ソフトウェアやロボット工学分野でのホビーまたは教育用

自分で組み立てるキット製品です。

動画のように動かすためには、自身でプログラミングを行う必要があります。

動画をご覧下さい。

特徴

カンタンに組み立てられる
はんだ付けの必要はなく、組み立ては説明書に従ってドライバーでネジを締め、コネクターを接続していくだけ。

組み立て後すぐ動かせる
プログラミングが初めてでも大丈夫。メイン基板にはプログラムが書き込み済みなので、組み立てればだれでも Rapiro を動かすことができます。

プログラミングもできる
メイン基板は Arduino (アルデュイーノ)互換なので、Arduino IDEでプログラミングできます。
踊ってくれたり、掃除をしてくれるようにプログラミングすることもできます。

カスタマイズしてみよう
オプションパーツ(別売)を組み込むことで、性能は無限に広がっていきます。Raspberry Pi やセンサーなどを組み込んでカスタマイズにも挑戦してみましょう。

メイン基板は Arduino 互換
Arduino IDEでプログラムを書き換えることができます。Arduino (アルデュイーノ) を使ったことがある人だけでなく、これからプログラミングを始める人にも最適なキットになっています。

Raspberry Piも搭載可能
Arduino (アルデュイーノ)は、AVR マイコン基板とC++風のプログラム開発環境 (Arduino IDE) から構成されます。
高度な計測制御や情報処理のプログラミングに挑戦したい方は、Raspberry Pi(別売)を搭載することで Rapiro の拡張性はぐんと広がります。たとえば Rapiro がインターネットにつながってメッセージの受信をお知らせしてくれたり、カメラモジュールをつないでセキュリティロボットになってくれたりもします。