大阪ガスが2018/02/19に IoT を活用したサービスの拡充について発表

Amazon Echo や Google Home を活用して音声で湯張り指示、ガス料金確認を可能にするとの事

Amazon Echoに「お風呂を沸かして」と言えば、お風呂のお湯はりを行う。
又、床暖房運転のON/OFF操作ができるサービスが発表された。

IoT対応の家庭用燃料電池「エネファームtype S」、省エネ給湯器「エコジョーズ」利用者向けのサービスで、2018年4月から提供予定だ。

詳しくは、こちらを参考にして下さい。