セコム、不振点検セキュリティとコミュニケーションロボットを開発

自律走行型の巡回監視ロボットおよび自律走行し、コミュニケーションが可能な多機能ロボットの試作機を開発したと発表し、実用化に向けて研究開発を進めている。

セコムロボットX2
夜間など無人の施設を自律走行して巡回監視を行う専用ロボット
赤外線センサーと熱画像センサー、金属探知機が内蔵されており、不審な放置物やゴミ箱内を点検する役割を持つ。

セコムロボットX3
株式会社本田技術研究所の走行技術を取り入れ、有人エリアを安全に移動することが可能で、警備に加え、道案内や会話など多彩な機能を有したコミュニケーションロボットとしての役割を持つ。

詳しくは、こちらのサイトをご覧下さい。