2018年のサイバーセキュリティ脅威はどうなる?

ランサムウェアや IoT を用いた攻撃の脅威はそのまま残るだろう。

サプライチェーン攻撃や仮想通貨に関連した攻撃、ビジネスメール詐欺 BEC が拡大する可能性もある。

AI を利用した新種の攻撃を発生するだろう。

WannaCry を始めとしたランサムウェアや、 IoT 機器をターゲットにした bot ネット Mirai 亜種なども発生するだろう。

WannaCry
業務アプリケーションとの互換性の問題で、やむを得ずパッチを適用していない端末が多い。

Mirai
家庭用ルーターやネットワークカメラなどにデフォルトで使われることの多い ID とパスワードの組み合わせを用いて侵入し感染している。 こうして bot ネットで海外のサイトが大規模な DDoS 攻撃を受けた事件が注目され対策の必要性が浮上してきている。

詳しくは下記サイトをご覧下さい。
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1801/11/news007.html?utm_source=t.co&utm_medium=referral