Office365 Exchange のトランスポートルールについて

はじめに

トランスポートルールは、別名で、メールフロー ルール とも呼ばれます。 Outlook などに設定するルールとは違って、Office365の組織を通過するメッセージを識別して、配送中にアクションを実行するものです。 どんな事が出来るかというと、下記のような事柄が行えます。

  • 外部にメール送信する時は、常に上司を BCC につける
  • 外部にメール送信する時は、常に上司の承認を受ける

トランスポートルールの設定

「管理者」-「Exchange管理者」から「メールフロー」の「ルール」を選択します。

「+」をクリックして、下記のような様々な条件から「ルールの新規作成」をクリックします。

  • ルールの新規作成
  • メッセージに権利保護を運用する
  • 免責事項を追加する
  • スパム対策フィルターをバイパスする
  • サイズによってメッセージやフィルタリングする
  • 機密情報が検出された場合にインデントレポートを生成する
  • メッセージを変更する
  • 上司とその直属の部下に制限する
  • 送信者又は、受信者でメッセージを制限する
  • モデレータに、メッセージを送信する
  • メッセージを送信して確認用にコピーを保存する。

下記のような新しいウインドウが開きます。名前欄に「外部にメール送信する時は、常に上司を BCC につける」と入力します。

条件の入力は、「その他のオプション」をクリックしてから行う。 (そのまま、条件に入るとだれが。。などの受信者の名前入力になってしまいます。)

「その他オプション」から入ると、「この受信者」「外部/内部である」の選択を行います。

「組織外」を選択します。

こんどは、実行する内容を設定します。 「受信者を追加する」から「送信者の上司を受信者とし追加する」をクリックします。

「BCC」を選択します。

このルールの有効/無効など設定(今回は指定しません)して「保存」をクリックします。

下記のようにトランスポートルールが作成されます。

上司の設定

「Exchange管理センター」の「受信者」を開きます。

  1. 上司を設定する人にカーソルを移動します。(複数人も可能)
  2. 鉛筆マークをクリックします。
  3. 新しいウインドウの中の上司欄で、該当する上司を参照ボタンを使って指定します。
  4. 保存ボタンをおします。

の繰り返しで上司設定は行えます。

BB のような個人事業主ではトランスポートルールは必要ないですが、これを読んでおられる企業様では活用できるのでは?と思います。 ただ、設定は十分注意して行って下さいネ。誤って今までメールが届いていたのがメールが来なくなった。などが無いようにお願い致します。