Office365 Flow 実験失敗、色んな使い方が出来るので早くマスターしたい。

はじめに

Office365 Flow は、PowerApps と同時に発表された商品です。BB は、PowerApps は、かなりの時間を掛けて色々とやってみて、ある程度使えるようになりましたが、この Flow については難しいそうでとても敷居が高く感じていたのですが、今日、挑戦してみる事にしました。

まず、Flow とは、twitter、 facebook や Excel、SharePoint、SQL Server などの色んなアプリ間をワークフローで自動化して、自動更新や同期、通知の受信、データ収集などを行うサービスです。

Twitter のツイートを Excel ファイルに記録したり、SharePoint リストにだれかが投稿したら、それをメールで通知したりする事ができるサービスです。

Flow にはたくさんのテンプレートがあります。そこで、今回は、比較的に簡単そうな「特定の時刻にツイートを投稿する」を選びました。これならシンプルだし、なんといっても、これにて営業メッセージを投稿する事もできるし、やりがいのある挑戦だと思いました。

早速、作業を始めます。

下図は、Flow のテンプレートです。50種類位あります。ここから「特定の時刻にツイートを投稿する」を選択します。

SharePoint の設定や、Twitter の設定がありますが、Flow 自身が設定内容を調べて、初期値として表示してくれます。

ただ、BB の場合、tecnodb.co.jp から cyber-bb.jp にドメインを変更しているのですが、自動的に tecnodb が表示され、中々 cyber-bb にメールアドレスも同じく変更出来ません。

SharePoint にカスタムリストとして「twitter投稿」を投稿内容、投稿時間で作成しました。(後で、タイトルを投稿内容に変更)

右下に動的なコンテンツとしてフィールドが表示されますので、「投稿時間」を選択します。

twitter に投稿するデータを保存しているフィールドを「投稿内容」を設定します。 この後も下図をみれば色々な設定があるのですが、今回は「フローの保存」で終わります。

「完了」で終わります。

本当は、下図の赤□部分を cyber-bb に変更したいのですが、変更方法がわかりません。

投稿する時間と内容を設定します。

チャンと投稿されました。

1回だけ成功で2回目以降は成功していません。

どこで、どう設定が間違ったか、いろんな事をやっていたら2回目以降が投稿されません。

  • 投稿内容を2行にした。これは時間も1分後に設定して一日に何回も投稿出来るようと実験です。
  • アカウントをもう一つ追加して、SharePoint のリストは同じ分を使用した。
  • 下記の設定のON/OFFをまったく逆にしました。

まあ、チャント理解できたら正常に動作するのでしょうけど。。 今回は、これまでにして、他の事をやりながら慣れて行く事にします。という事で再チャレンジです。

特定のツイートを SharePoint リストに保存し、通知を受け取る

Flowの設定

Office365 のメニューから、Flow をクリックします。ここで「特定のツイートを SharePoint リストに保存し、通知を受け取る」をクリックします。

下記の画面になります。設定する場所は、下の方です。

SharePoint の設定は、自動的に設定されていますので、アカウントの確認のみです。後、twitter のアカウントも自動表示されます。もし、アカウントを複数持っている場合は、ここで変更を行えます。

1行目は、twitter で何を検索するか、です。ここでは、「パソコン Word Excel Access ワード エクセル わからない。」をキーワードにしています。

2行目は、SharePoint サイトと、SharePoint で作成しているリスト名を入力するようになっています。まだ、リストを作ってないので作成する事にします。

SharePointでリストの作成

SharePint の サイトの中の「歯車マーク」から「アプリの追加」をクリックします。そして、「カスタム リスト」の作成を行います。

リストに「 twitter データ保存」と分かりやすい名前を付けます。

「作成」をしたら、下記画面になります。先ほど作成した「 twitter データ保存」をクリックします。

「+」をクリックして、フィールドを作成します。まず、「1行テキスト」をクリックして「投稿者名」を作成します。ツイートされる内容は、「タイトル」にします。このタイトルの名前を変えたいのですが、ここでは、この説明は省略します。

「投稿者名」と入力して、「保存」とします。後、この他にも「+」を押し同じ要領で、「投稿日」を作成します。

「保存」した後、「クイック編集」をクリックすると下記のように作成されたリストが表示されます。

Flow の設定に戻ります。

サイトのアドレス : サイトのアドレスは、上記のサイトを開いている時にクリップボードにコピーしておき、貼り付けしましょう。 その後、サイト上に含まれるサイト名が表示されますので、今、使用しているサイトを選択します。

次にリストを指定します。これも、親切に候補が表示されますので、その中からの選択になります。ホント楽ですねー。

タイトル名を設定します。これもホント新設に、下記のように候補が出てくるので心配ありません。「ツイートテキスト」を選択します。

投稿者名、これも候補が表示されるので、「ツイート作成者」を選択しました。似たような名前があるので、ある程度は動作してからの調整も覚悟して設定しています。

タイトル「 A new Tweet “「タイトル」” has been added so SharePoint 」

「新しい ツイート 「タイトル」が SharePoint に追加されました。」のツイート部分「タイトル」の設定になります。

Link: Link label : の設定がありましたが、赤☆マークが無かったので意味が良くわからないまま、適当に設定を行いました。後で調整が必要です。

登録の「完了」を行うと、これまで作成した Flow と一緒に表示されます。

テスト結果

テストツイートを行いましたが駄目でした。エラーもでず、何にも起こりません。 この後、2時間位たってから、再度、テストツイートをしたのですが、反応がありません。 まあー。理解不足って事ですね。時間が取れる時に再度挑戦したいと思います。