Office365 PowerApps で Azure SQL データに接続する

PowerApps で使用するデータ

PowerApps で使えるデータとしては OneDrive for Business または SharePoint に格納されている Excel ファイルなどがあります。又、PowerApps では組み込みコネクタやカスタムコネクタを使って様々なデータ ソースを追加する事ができます。下記は最も一般的なデータ ソースの一部です。

Common Data Service

他のデータベースではデータを格納するものをテーブルといいますが、ここではエンティティと言います。そして、一般的なシナリオに対応する「取引先企業」「取引先担当者」など標準的なエンティティの基本セットが含まれています。

メタデータとデータの両方が保存できます。
 
エンティティへのアクセスを組織内の様々なユーザーで制御できます。
 
Dynamics 365 アプリケーションのデータも Common Data Service for Apps を使用しているので PowerApps を使用して Dynamics 365 のデータを使用する事ができる。
 
計算フィールド、ビジネス ルール、ワークフロー、ビジネス プロセス フローなどの定義もできます。

なお、Common Data Service  は、ライセンスのプラン2でしか使えませんので注意が必要です。

アプリの作成方法

Office365 の管理センターから左上部の 9個の点があるアイコンをクリックしてメニューを開き、「すべてのアプリ」をクリックして 「PowerApps」をクリックして下さい。 
 
 
 

テンプレートから作成

PowerApps の web.powerapps.com 画面

「+ 作成」をクリックすると、「キャンパスアプリを一から作成」と「モデル駆動型アプリを一から作成」が表示されます。ここではずっと下の方に移動して、「To Do List」などテンプレートから作成してみては如何でしょうか?
 
 

データ ソースからアプリを作成

「+作成」をクリックし、下記から開始する事も出来ます。
  • キャンバスアプリを一から作成
  • データから開始
 
 

データから開始

下記画面が表示されまう。

そのまま「作成」をクリックしアカウントの選択を行います。

  • Common Data Service 携帯電話レイアウト
  • OneDrive for Business 携帯電話レイアウト
  • SharePoint 携帯電話レイアウト
  • SQL Server 携帯電話レイアウト

他にも「空のアプリ」「アプリテンプレート」が選択できます。又、こちらではタブレットレイアウトの指定も出来ます。

 

 

右側の⇒をクリックすると「接続」画面が表示されます。
(表示内容はユーザーさんの状態によって違います)
OneDrive for Business など選択すると中に含まれるフォルダが表示されます。Excel ファイルをテーブル化しておくとそのままデータとして使う事ができます。

データ ソースに接続する(Azure SQL Serverのテーブル)

データソースは、Microsoft Azure の SQL Server で動いている自社の販売管理システムの顧客データ TM_TOK に接続して進めて行きたいと思います。
 
URL 欄に https://web.powerapps.com を貼り付けて、自分の組織アカウントでサインインします。
「アプリ」をクリックして「+新しいアプリ」をクリックして「キャンバス」をクリックします。
 
 
色々な方法で作成する方法がありますが、ここでは「アプリ」をクリックして「+新しいアプリ」から「キャンパス」を選択します。
 
 
 
 
 
下図の画面になります。ここで 「SQL Server 携帯電話レイアウト」を選択します。
 
 
  • 直接接続(クラウドサービス)
  • オンプレミスデータゲートウェイを使用する接続

から Azure なのでクラウドサービスの方を選択します。必要項目を入力し作成をクリックします。

 
 
 
しばらくして、接続され、使用しているデータベースのテーブルが表示されます。
(ここでは、TM_TOK が得意先マスタなのでこれを選択して「接続」をクリックします。)
 
 
PowerApps Studio 画面が開き、下図のようになります。
  • 左側のウィンドウ
    各画面の全コントロールの階層ビューが表示されます。

  • 中央のウィンドウ
    作業中のキャンバス アプリが表示されます。

  • 右側のウィンドウ
    指定したコントロールのレイアウト、プロパティ、データ ソースなどのオプションが表示されます。

この画面で、詳しい設定を行いアプリの開発を行います。