Office365 PowerApps アプリ作成前の予備知識

PowerAppsの概要

Microsoft PowerApps および Microsoft Flow を含む Microsoft の製品です。
PowerApps はOffice365 のライセンス、又は無料試用版のいずれかが必要です。

PowerApps で出来る事

  • スマホやタブレットで使えるアプリを簡単に作成する事が出来る。
  • 自分が使っているクラウドにデータを置いて接続して使える。
  • 作成したアプリを会社の同僚と共有して使う事ができる。

PowerApps の構成要素

PowerApps には大きく 3 つの構成要素があります。アプリを作成、共有、管理するには次を利用します。

  1. web.powerapps.com
    アプリを開く、アプリの種類指定、アプリの共有、データの接続とフローの作成

  2. PowerApps Studio
    アプリの作成を行います。

  3. PowerApps 管理センター
    環境とデータの方針を定義します。

web.powerapps.com

このサイトは、URL 欄に web.powerapps.com と貼り付けても PowerApps のライセンスと職場のアカウントがあればサイトを開く事が出来ます。
このサイトでは殆どの事を行います。左側のメニュー「詳細」「アプリ」「作成」「データ」「フロー」「AI Bulder」「ソリューション」をクリックして画面を紹介します。

ホーム

キャンパスアプリやモデル駆動型アプリの作成に進むことができます。
下の方には、これまで自分が作成したアプルも表示されますので、ここから実行する事も出来ます。

詳細

  • ガイド付き学習
    詳しい説明サイトがあります。実際、このサイトもここを参考に進めています。
  • ヘルプ トピック
    マイクロソフトの PowerApps サイトを開きます。ここからも詳しい学習が始められます。
  • コミュニティ
    残念ながら英語のサイトになります。
    日本語版は、facebook の中のグループに https://www.facebook.com/groups/powerappsjp サイトがあります。

アプリ

これまで自分が作成したアプリがリスト表示されます。

 

 

作成

  • キャンバスアプリ
    スマホで使用できる簡単で社内の同僚とデータを共有する事もできるアプリ作成が出来ます。
  • モデル駆動型アプリ
    アプリのレイアウトは自動的に決まってしまいますが、デスクトップパソコンやタブレットで使用できる複雑なシステムを作成する事も出来ます。
  • 一から作成するポータル
    外部および内部のユーザーとデータを共有する Web サイトを作成します。
  • データから開始
    Azure、SQL Server、OneDrive、Salesforce などのデータに基づいて 3 つの画面のモバイル アプリを自動的に作成します。それをその後、独自にカスタマイズする事が出来ます。
  • ほか、PowerApps Training for Office、Meeting Capture、PowerApps Training、Onboarding Tasks などがあります。しかし、使っていないので詳しくはわかりません。

データ

エンティティとは、他のソフトでいうテーブルと考えて良いと思います。既に標準的なエンティティが表示されます。
自分がキャンパスアプリを作成する時、新しいデータベースを作成する時に「+新しいエンティティ」をクリックしてフィールドの作成などを行います。非常に簡単に行えます。

 

オプション セット

エンティティの作成でフィールドを作成する時にもオプション設定はできます。
このようにしてフィールド自身にオプションを作成して設定出来るので細かなプログラミングが不要になって使い勝手も良いアプリ作成が簡単に出来るという事です。

データフロー

データソース接続、抽出、移行、読み込みや宛先を定義して結果のデータに読み込むことができます。って大量のデータを抽出や移行などができるという事かな?と思います。これができれば又、色々と使えるようです。
ここは、BB が実際に体験してから記述したいと思います。

 

Data Lake へのエクスポート(プレビュー)

ここは、BB が実際に体験してから記述したいと思います。

接続

現時点で、PowerApps と接続できているアプリのリストを表示します。
SharePoint、OneDrive for Business、twitter などが表示されています。

 

フロー

いままで作成した事のある Flow のリストが表示されます。内容の[編集]や[共有]などが行えるようです。

カスタム コネクタ、ゲートウェイ、AI Builder、ビルド、モデル、ソリューションなどありますが、もう少し勉強してから記述したいと思います。

PowerApps Studio

3 つのウィンドウアプリを使ってアプリの開発を行います。

  • 左側のウィンドウ
    各画面の全コントロールの階層ビューまたはアプリの各画面のサムネイルが表示されます。
  • 中央のウィンドウ
    作業中のキャンバス アプリが表示されます。白い部分がスマホ画面になります。
  • 右側のウィンドウ
    特定のコントロールのレイアウト、プロパティ、データ ソースなどのオプションを設定します。

PowerApps 管理センター

PowerApps Studio 画面から PowerApps 管理センターを開くには画面上部右側の「歯車」をクリックして「管理センター」をクリックして下さい。

管理センター画面

この管理センターは初心者の頃はあまり必要無いと思います。まず、一旦、アプリを作成してそれからそのアプリの管理が必要になってからでもいいのでは?と思います。 
まだ、MS 社も開発途中では?と思うところもありますので、各画面の紹介にのみしておきます。

環境

ユーザーの開発環境が開きます。BB の場合、サイバーBB(既定)の所を使っています。PowerApps Studio の上部黒紫色?のバーの部分に表示されていますので、その部分をクリックして変更する事も出来ます。

 

分析

容量

Common Data Service 分析

 

Microsoft Flow

PowerApps

 

ヘルプとサポート
これまで BB が質問した分のリスト表示がされます。又、上部に「+新しいサポート」よりサポートを受ける事ができます。

データ結合

 

データゲートウェイ

データポリシー

 

「管理センター」から PowerApps を選択した画面です。
他にも Flow や PowerBI をクリックしたら、それぞれの管理画面が表示さました。

管理センターは、まだ開発途中のような気がしますので、更新されてから再度、投稿したいと思います。