SharePoint 最新版「チームサイトの作成」画面での作成方法



はじめに

Office365 は、常にバージョンアップや機能の追加がなされていますので他の人に教えていたら、「アレ!いつもと違う。」と言う事になってしまいます。

実をいうと BB 自身もこのサイト作りをしていて SharePoint は作っているからと安心していると、いつのまにか内容が古いものなってしまうので大変でもあります。

今回は、SharePoint でチームサイトを作る方法がだいぶ変わっていますので画面をたくさん使って説明したいと思います。尚、1回の投稿ではわからないところなどもありますので更新を重ねて良い物へとしてゆきたいと思います。

サイト作成の前段階

下記のメニューから SharePoint をクリックします。

SharePoint の画面が開いたら、「+サイトの作成」をクリックします。

 
Office 365 チームサイト活用ガイド 2013年版 SharePoint Onlineで情報共有!
 

チームサイトで作成開始

新しいサイトの作成として「チームサイト」「コミュニケーションサイト」の選択画面になります。
今回は、「チームサイト」を選んで説明を行います。

サイト名を入力するようになっています。サイト名をどんな風に付けたらいいのかが問題です。
小規模の会社で使うものだったら「サイバーBBサイト」のように会社名でも良いし、大きな会社だったら「サイバーBB営業部」や「サイバーBB開発部」でもいいと思います。

会社名を入力すると、下記のようにグループメールアドレス として、何らかの文字が入ります。
これは、BB ので説明しますと https//tecnodb1.sharepoint.com/sites/xxxxxxxx にあたる部分です。同じ組織内では重複したものの入力は出来ません。
サイト名に半角英数が含まれているとその分が xxxx 部分に表示されます。もし、訂正したい場合は右側に表示されている鉛筆マークをクリックして訂正はする事は出来ます。

プライバシーの設定
「パブリック – 組織内のすべてのユーザーがこのサイトにアクセスできます。」
「プライベート – メンバーのみがこのサイトにアクセスできます。」
の選択があります。社内で使う場合は上を、そうで無い場合は下を選択して下さい。

「所有者の追加」下記のようにメールアドレスの先頭を入力すると候補が表示されますので、そこから選択出来ます。
「メンバーの追加」は、後の方で、組織外の二人の友人を追加する方法を説明しております。

もう、この画面で使って下さい。というような画面になります。
もちろん、画面右上に「編集」があり、「テキスト、画像、ファイルビューア、リンク、埋め込み、強調されたコンテンツ、Bing地図、facebookページ、Googleアナリティクス、PowerBI」 等々組み込む事が出来るようになっていますが、このページでは行いません。

とりあえず、ニュース欄の「+追加」をクリックしてみます。

下図の赤枠「画像の追加」をクリックしてみます。画像は、WEB検索、サイト、アップロード、リンクから選択が出来ます。

WEB検索:「背景、教室、会議、パターン、チームワーク、テクノロジ、風景」から更に好きな画像を選択できます。
サイト:サイトの中に保存されている写真からの選択になります。
リンク:OneDrive for Business や SharePoint Online の 画像 へのリンクを貼り付ける。事が出来ます。

尚、まだ良くわからずアップロードから合って無い画像を選んでしまった。と思っています。

何故なら、「ニュース」-「+追加」となっていたので、ニュース的な画像にしてしまったからです。チョット後悔しています。

ここでは簡単な「アップロード」を選択してみました。すると画像の選択画面が表示されます。

画像は、下記のように縦長になります。よって自分好みの画像になるように下記の〇部分をクリックして調整を行う事が出来ます。

「ページに名前を付ける」と表示されている部分をクリックして適当な名前を入力します。

「コメント」コメントは、他のメンバーがドンドンと投稿しやすいような内容のコメントが良いと思います。

1個では寂しいのでもう一つ追加してみます。

ニュースと勘違いしていましたので。。
「ました。」が「巻いた。」になっています。ホント申し訳ございません。
「下書きとして保存」を行った後も「編集」-「既定の画像にリセット」で変更は行えるようです。

完成したら「発行」をクリックします。

作成中に色々やっていたら不要なファイルなどが出来てしましました。そこで、サイドメニューの「ページ」を選択して不要なファイルをクリックして…を更に「削除」をクリックして処理しました。

 
Office365チームサイト活用ガイド (TechNet ITプロシリーズ) 

テスト運用で色々調べてみます

「ファイルの表示と共有」をクリックしてみます。

いつもの「ドキュメント」の管理画面になります。
ここに Word、Excel、PowerPoint などのファイルをアップロードして皆で共有できるようにします。

「リスト」の作成画面になります。ここでは、まずリストの名前を入力します。
例えば、経費管理、や営業日報、案件管理など、普段、Excel など使って管理しているもので皆で共有できたら便利と思うものを選択されて下さい。

「リスト」の画面になります。
タイトル、作業日、内容とAIスピーカー製作の状況を例にとって説明したいと思います。

「+」をクリックします。下記のように表示されますので、それぞれを選んでリストを作成します。
尚、タイトルは初期値として既にあります。変更や削除は出来なかったと思います。
・最初は「日付」を選択し「作業日」

・次が、「1行テキスト」を選択して「内容」と入力し「保存」をクリックして完成させます。

「+新規」をクリックしてデータ入力をしてみましょう。

入力は、右側の枠内で行うようです。
・タイトル:基板に部品をセットする
・作業日:2018/03/04
・内容:抵抗3個の抵抗の色がわからず抵抗値がわからない。

このようなリストになります。
担当者?の項目があった方が良かったと思いました。みなさんは是非、追加されて下さい。

 
ひと目でわかるOffice 365サイトカスタマイズ&開発編 SharePoint Server 2016対応版
 

メンバーを増やしてみましょう!

画面右上の「一人のメンバー」と表示されている部分をクリックします。

「メンバーの追加」をクリックします。

「Outlookに移動」をクリックすると Outlookが開き、グループの選択画面になります。

組織内の人達を含める場合は、この Outlook の中から選択してクリックするだけで含める事が出来ます。

組織外の友人や関連会社の人を含める場合は、「管理者」-「グループ」をクリックします。リストの中に自分が作成しているサイトの名前が表示されている場合は、そのまま選択します。ここでは、「プライベイトサイト201804」を選択します。

「編集」をクリックして、「組織外のユーザーにグループへのメール送信を許可する」をオンにします。

メンバー欄の「編集」をクリックする。

「+メンバーの追加」をクリックします。

すみません。友人の村本さんと田中さんを登録した方法を忘れていまいました。色々触ってみるのですが画面も大きく変わっていて良くわかりません。分かり次第、詳しく追加したいと思います。

「管理者」-「ユーザー」-「ゲストユーザー」を選択します。
友人の村本さん、田中さんを選択して保存します。

「保存して」「閉じる」この時間から少し時間が掛かるようです。失敗したかなー。と思うほど追加されませんでした。

30分前後掛かったような気がします。ご覧のようにメンバーが3人になりました。

Outlookメールにも、新しいグループが作成され下記のようなものが届きます。

Outlook のグループもちろん、下記のような画面になります。
ところが、2回目にみたら英語モードになっていたりで、この辺もバージョンアップ中のようです。

以上です。
「ゲストユーザーの新規登録方法」を調べてから追加したいと思います。
 
Echo Show (エコーショー) – スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコール