Office365 Teams 未読の確認など便利な使い方(4/8)

メッセージを送る。

「会話」や「チャット」でメッセージを送ったり受けたりした場合にマウスをメッセージ枠の右上端移動したら下図が表示されます。

左から、「いいね」「ハート」「笑い」「ビックリ」「悲しい」「怒っている」ボタンです。
文章の内容に合わせて設定すると表現と思いに効果を与える事が出来ます。

「いいね」これは Facebook などと同じ働きをします。いいなーと思ったメッセージには いいね ボタンを押して下さい。
又、相手が見てくれた。と合図にもなっていいようです。

「会話」や「チャット」でもメッセージを送ったものに対しては「編集」「削除」が行えます。

会話の場合(送る)

チャットの場合(送る)

メッセージを受ける

「会話」や「チャット」でも「編集」「削除」は当然行えません。

会話の場合(受ける)

チャットの場合(受ける)

このメッセージを保存する

「会話」や「チャット」をしていると、重要なメッセージや残しておきたいメッセージなどがあります。しかし、メッセージが次から次へ投稿されると画面上から消えてしまったり、後で見たいと思ってもそれを探すのが大変だったりします。
このような時は「保存」ボタンを押してメッセージを残す事が出来ます。

下図のように … からウインドウを開き「このメッセージを保存する」をクリックして下さい。

保存したメッセージを見る

右上の自分の写真をクリックしてウインドウを開き、「保存済み」をクリックします。

チームリスト欄に、これまで保存している分が、最新日付分を上にして一覧で表示されます。
リストから必要分をクリックするとワークスペース欄に背景が黄色で表示されます。

社内でメールの代わりに Teams を使うようにしていますので、もちろん大切に保存されるようです。
保存場所は、Office365 管理センターのように記してありましたが BB のバージョンでは残念ながら確認出来ませんでした。確認できたら追加更新したいと思います。

未読にする

外出が多かったり、いつも Teams を見ていない人にとっては便利な機能だと思います。
ただ、1 個手前で設定するようになります。

下図のように「最後の既読」が表示されるようになります。

「最新情報」を使ってみよう

最後の既読ラインは、これで自分がどこまで読んでいるのかを知る事ができます。 ただ、自分が投稿した内容を相手が既読か未読かは LINE とは違う形でサポートされています。

フィード

左側のアイコンバー一番上にある「最新情報」のアイコンをクリックする。
・フィード
 相手のアクション(初期値)
 画面右下に表示される「通知のバナー」が一覧で表示されます。
 又、外出中でもここで後から確認する事が出来ます。

・マイアクティビティ
 自分のアクション
 自分が投稿した後、メンバーが返信したかどうかを確認するのに便利です。

フィルター

未読、メンション、返信などのフィルターがかけられますので、とくに「未読」で迷惑掛けないように簡単にチェックが行えます。

「会話」や「チャット」を検索してみよう

Teams も活用してゆくと段々とデータが多くなって行きます。又、いつも大事な会話には「保存」マークを付けるようにしていても忘れる事もあります。そこで、このような場合は会話を「検索」することができます。

  1. 「会話」の中に「売上データ」という投稿があったので検索してみたいと思います。
  2. 右側の「メッセージ」欄に検索で該当する項目が表示されます。
  3. 表示された項目をマウスで選択すると、それに該当する「会話」が表示されます。

ご案内

Teams はシステムが大きいので下記のように分割しています。それぞれページをご活用下さい。

  1. Office365 Teams とは、使い方、導入方法、活用方法など(1/8)
  2. Office365 Teams チームとチャンネルの作成とユーザーの追加 (2/8)
  3. Office365 Teams チームで会話やメンションを使ってみる (3/8)
  4. Office365 Teams 未読の確認など便利な使い方(4/8)
  5. Office365 Teams タブを使ってみる(5/8)
  6. Office365 Teams ビデオ会議に活用する。(6/8)
  7. Office365 Teams 組織外の人を招待する(7/8)
  8. Office365 Teams 管理画面が変わりました。(8/8)