Office365 Teams タブを使ってみる(05/10)

「ファイル」を試してみよう

ワークスペースの上部に「 会話 ファイル Wiki + 」と表示されている部分をワークスペースの「タブ」と呼びます。
これまで「会話」について説明して来ましたので、ここでは「タブ」の中の「ファイル」をクリックして下さい。

このファイルの管理は、当然と言えば当然なのですが、チーム単位のチャンネル単位で保存されます。ただし、「一般」チャンネルも General としてチャンネルに属さないファイルとして保存できるようです。

「新規」ボタン

Word、や Excel などが表示されます。
チーム  :Teamsテスト
チャンネル:一般(General)に新規のフォルダや、Word、Excel の作成を行い保存する事が出来ます。

アップロード

どのファイルをクリックしてアップロードするかの「開く」画面が開きます。Access.accdb などもそのまま選択してアップロードする事ができます。メールだと ZIP ファイルに圧縮しないと行けないので面倒ですが、ここでのアップロードはそのままでも送れるので便利です。

リンクを取得

チーム名:サイバーBB、チャンネル名:一般の ファイルの保存場所を「リンクの取得」で得る事が出来ます。

「Microsoft Teams」か、「SharePoint」のどちらかを選択します。

「Microsoft Teams」
ブラウザの URL 欄で、このアドレスを貼り付けたら Teams が起動します。又、WEB版でも起動が可能です。

「SharePoint」
ブラウザの URL 欄で、このアドレスを貼り付けたら SharePoint のドキュメント 画面が開きます。

新しく参加されたメンバーに、これまで、このチームで使っていたファイルです。見ておいて下さい。と伝えるだけで説明の時間短縮になって便利だと思います。

… をクリック

「クラウド ストレージを追加」を試してみます。BB は初めて使います。

クラウドストレージを追加

SharePoint を含め、Dropbox、や Google Drive など他社のクラウドも使えるとは面白いです。

SharePoint の対象となるサイトを選択します。ただ、ここで OneDrive for Business が設定出来ないのが残念でした。(やり方があるのかも知れませんが出来ませんでした。)

SharePoint 内のサイトの中に含まれるフォルダを選択します。

確認をして「フォルダを追加」をクリックします。

わざわざ SharePoint のサイトを開いたり、他社のクラウドを開いたりと大変ですから色々使っている人には便利だと思います。

SharePoint で開く

これは、下図のように SharePoint で保存場所を開きます。

Wiki について

実は、BB は Wiki を使った事がありません。調べてみると
「Wiki とは、単純なページを作成して相互にリンクすることで、ユーザーのグループがアイデアをすばやく取り込んで共有できるようにデザインされたサイトです。」との事です。

タイムラインに投稿した場合は時間がたつと他の人の投稿でだんだんと消えてしまいます。よって大切な内容の投稿は Wiki に投稿するのが便利ですとの事。

BB は、Teams で使うメモには OneNote を活用しています。後ほど説明いたします。
社内でアイディア募集や、マニュアル作成など、情報を共有するのには、SharePoint の Wiki の方がいいかなーと思います。

セクションの追加

題名と適当な内容を入力してみました。
入力すると、「ここに新しいセクションを追加」が表示されます。これをクリックすると入力した内容の下に「無題のセクション」が表示され、それについての内容入力状態になりました。なるほど。。こんな感じで皆が直ぐに見れるようにするんですね。

Wiki の … その他のオプション

「その他のオプション」をクリックすると「リンクをコピー」「上に移動」「下に移動」「削除」があります。

Wiki セクションの会話を表示 

セクションの会話を表示( … の隣のアイコンです。)をクリックすると「会話」や「チャット」と同じ要領で会話の入力が出来ます。面白く感じました。

+記号をクリックしてみます。

タブを新しく追加する事が出来ます。

「Planner」「OneNote」「PowerApps」「Power BI」など色々あります。

ここでは、「WEBサイト」を選択してみます。
まず、「Outlook」の「予定表」を開き、URL をコピーします。 そして下記の通り設定します。

下記のように「Teams練習予定表」が表示されます。
この画面では小さいので右上の「タブを展開する」をクリックして予定表を大きく表示する事ができます。

この「WEBサイト」の追加は簡単にテストも出来るので、いつも見るサイトを設定すればとても便利です。是非、ご活用されて下さい。

ご案内

Teams はシステムが大きいので下記のように分割しています。それぞれページをご活用下さい。

  1. Office365 Teams とは、使い方、導入方法、活用方法など(01/10)
  2. Office365 Teams チームとチャンネルの作成とユーザーの追加 (02/10)
  3. Office365 Teams LINE のように簡単に会話を行う(03/10)
  4. Office365 Teams 未読の確認など便利な使い方(04/10)
  5. Office365 Teams タブを使ってみる(05/10)
  6. Office365 Teams ビデオ会議に活用する。(06/10)
  7. Office365 Teams 組織外の人を招待する(07/10)
  8. Office365 Teams 管理画面が変わりました。(08/10)
  9. Office365 Teams ライブイベントを使って 1 万人にメッセージを!(09/10)
  10. Office365 Teams ライブイベントへの参加の仕方(10/10)