Office365 Teams 管理画面が変わりました。(8/8)

管理画面がバージョンアップされ変わりました。

「Teams と Skype」のように一緒になってしまいました。
将来的に Skype は無くなってしまって Teams がその機能を持つようになるという事は聞いていましたが。。いよいよと着実に実行されているんですね。2つが一つになるのはいいのですがソフトが重たくならないのを願っています。

メニューも増えましたね。大変そう。下から3番目に「従来のポータル」というのがあります。とりあえずはこれを使って今までの事は出来そうですね。安心しました。
当分の間は、Skype for Business と Teams は平行して使えるようです。そして Teams をバージョンアップして行くようです。

Teams アップグレード欄で、実際どう違うのかわかりませんが「アイランド:Teams と Skype for Business を共存して使う。」の設定を行ってみました。

メニューの一番したにある Firstline Workforce をクリックしてビックリです。なっと StaffHub の設定画面になってしまいます。
この StaffHub シフト管理をするソフトでチョット使って見てたのですが、いつのまにか消え去るような記事をみたのですが。。

StaffHub のサイトで管理者の設定になりました。
これからどう進んで行くのかが楽しみです。でも、どうして Teams に取り込まれたのだろう。

ちなみにマイクロソフトは Firstline Worker のサイトも準備しているようです。又、更新されたら報告致します。

まとめ

この Teams は、やっぱり凄いです。

中小・零細企業の方には、是非、使って頂いて「生産性の向上」「作業効率のアップ」「経費の削減」「働き方改革」のツールとしても大いに役立てて欲しいと思います。
又、中小企業家同友会の会員さんの活動に凄く役立つと思います。自分が会員で役をしている時にホント欲しかったです。

マイクロソフト社の動画

最近、マイクロソフト社も頑張って動画を出しています。こちらも参考にされて下さい。

ご案内

Teams はシステムが大きいので下記のように分割しています。それぞれページをご活用下さい。

  1. Office365 Teams とは、使い方、導入方法、活用方法など(1/8)
  2. Office365 Teams チームとチャンネルの作成とユーザーの追加 (2/8)
  3. Office365 Teams LINE のように簡単に会話を行う(3/8)
  4. Office365 Teams 未読の確認など便利な使い方(4/8)
  5. Office365 Teams タブを使ってみる(5/8)
  6. Office365 Teams ビデオ会議に活用する。(6/8)
  7. Office365 Teams 組織外の人を招待する(7/8)
  8. Office365 Teams 管理画面が変わりました。(8/8)