Excel ピボットテーブルの中で構成比、前月比、累計を勉強します。

はじめに

今回は、Excel のピボットテーブルの中でも構成比、前月比、累計などの求め方の勉強を行います。やってみると意外と簡単で出来る事がわかり、Access で開発していた帳票も本当に Excel でも良かったんだーと思います。ただ、ずっと使っていないと忘れそうです。今までほとんど Excel って使って無かったので、これからは分析をメインに使ってみたいと思います。

月別の店舗別の売上構成比の求め方

サンプルデータから 2019 年度の店舗別 1 月から 6 月までの売上合計をピボットテーブルで作成します。もし、この表の作り方がわからない方は、前のページを復習して下さいね。
カーソルを B6 に置き、「分析」-「フィールドの設定」をクリックします。

下記のウインドウが表示されます。
 名前の指定:構成比
 計算の種類を選択します。
 計算の種類:列集計に対する比率
 基準フィールド:店舗名
を指定し、「OK」を押します。

売上合計金額が構成比に変わります。
BB としては、売上合計の横に構成比が表示された方が好きなので、後日、挑戦してみたいと思います。

値フィールドの設定(集計方法)

上図の「積」の下に下記項目があります。

  • 数値の個数
  • 標本標準偏差
  • 標準偏差
  • 分散

値フィールドの設定(計算の種類)

上図の「親行集計に対する比率」の下に下記項目があります。

  • 親列集計に対する比率
  • 親集計に対する比率
  • 基準値との差分
  • 基準値との差分の比率
  • 累計
  • 比率の累計
  • 昇順での順位
  • 降順での順位
  • 指数(インデックス)

 
Microsoft Excel 2016 基礎 (よくわかる)
 

月別の店舗別の売上合計の前月比の求め方

最初の画面に戻ります。「分析」-「フィールド設定」の赤枠を無視してみて下さいね。

ここに、「店舗売上」を「値」欄にドラッグします。そう。同じ値が表示されます。ここでは、これでOKです。

下記の「合計/店舗売上」をクリックして、右ボタンで下記の「値フィールドの設定」をクリックします。

下記のようなウインドウが表示されますので、
 名前の指定:前月比
 計算の種類を選択します。
 計算の種類:基準値との差分の比率
 基準フィールド:月名
 基準アイテム:(前の値)
「OK」ボタンを押します。

前月に対する差に比率が表示されます。

 
Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術
 

月別の店舗別の売上累計の求め方

最初の画面に戻ります。「分析」-「フィールド設定」の赤枠を無視してみて下さいね。

ここに、「店舗売上」を「値」欄にドラッグします。そう。同じ値が表示されます。ここでは、これでOKです。

上図の Execl の 「 C5 」欄をクリックして、右ボタンで「値のフィールドの設定」をクリックします。すると下記のウインドウが表示されます。
 名前の指定:合計/店舗売上2->累計にします。
 計算の種類を選択します。
 計算種類:累計
 基準フィールド:月名
「OK」をクリックします。結果は下記図の通りです。

地区別月別の売上累計の求め方

これも、最初から作り直して下記のように設定し、これも簡単に作成出来ました。
せっかくここまで出来るようになったのだから 60 過ぎの BB にとっては忘れないようにしなければと思います。

今回は、これで終わりです。