Google Search Console を勉強してサイト訪問者を増やす工夫にチャレンジします。

こんな事で頑張っています。

有限会社テクノデービーの頃は、息子二人が SEO 対策をしていてくれていましたので、Google 社が検索サービスを開始された時、「顧客管理」で検索すると 1 ページ目の 1 番目にずーっと出ていました。

しかし、段々と SEO 対策の競争が激しくなると「顧客管理ソフト」や「飲食店顧客管理ソフト」などで検索しないと表示されなくなってしまいました。

今は、64 歳の BB 親父がすべて独学で勉強しながら 2017 年 04 月から始めた「サイバーBB」サイトを奮闘中です。

いろんなツールやアプリなどたくさんありますので、少しづつ自分のものにして頑張りたいと思っております。

サイトのパフォーマンスを上げるには管理ツール

Google Search Console は無料のサービスです。

検索結果には関係ないけど Google がどのように認識しているかの確認ができるのでサイトの調整が出来る。という事、ボチボチ勉強してみようと思っています。

  • Google 社から自分のサイトの問題点などのメッセージが受けられる。
  • サイトに来ている人のキーワードのチェックが出来る。
  • 被リンク(外部リンク)の情報を知る事が出来る。
  • Google 社が認識しているサイトコンテンツ内のキーワードの確認が出来る。
  • Googlebot クロール申請が出来る。

Google にサイトが登録されているかどうかの確認

URL の欄に、[ site:cyber-bb.jp ] と入力して検索する。
登録されていたら、自分が作成しているページが複数行にわたって表示されますので、それで確認できます。

 
わかばちゃんと学ぶ Googleアナリティクス
 

GoogleBotのクロール申請を始めます。

最初、この後の処理が WordPress に設定するのかどうかまったくわかりませんでした。

Google さんに
  Cyber-bb は私のサイトで、ここにあります。
  このサイトは自分のサイトだから Google さんが指定したファイルをこのサイトに
  アップロードする事が出来ます。
アップロードを完了しましたので確認して下さい。
という事なのですね。

価格.com の FTP サーバーの情報を調べます。

サイトにファイルをアップロードしたりするソフト NextFTP ソフトに cyber-bb.jp の FTP サーバーの情報を設定し Google さんからダウンロードしたファイルをアップロードします。

これで、Search Console の設定が終わりました。

Search Console の 「クロール」- 「Fetch as Google」で Google ロボットのクロール申請を行う。

 
「やりたいこと」からパッと引ける Google アナリティクス 分析・改善のすべてがわかる本
 

こんな情報が届いていました。

1.ウェブサイトの全バージョンを追加する
 サイトの「www」を含むバージョンと「www」を含まないバージョンの両方を追加します。
 https://www.cyber-bb.jp/を追加しました。

2.優先するバージョンを選択する
 Google 検索結果でサイトを「www」付きで表示するかどうかを選択します。
 https://www.cyber-bb.jp/を優先に設定しました。

3.ターゲットとする国を選択する
 これは初期値として日本になっていました。

4.同僚にアクセス権を付与する
 自分以外はいないので付与なし。

5.サイトマップ ファイルを送信する
 サイトが未完成状態あので、完成したら送りたいと思います。

これ以外のサービスについては、サイト自身がも少し充実した時点で行いたいと思います。
なお、この結果もこのページで更新したいと思います。